2008年07月07日

レンタカー業界の憂鬱

秋葉原の無差別殺傷事件からもう1ヶ月となりますが、
レンタカー業界車(セダン)がピリピリしているようで。
そうです、万が一の場合に負わされる損害賠償ふくろです。

レンタカーが使われた殺人といえば
仙台でのアーケード暴走事件。
あの事件の遺族が起こした訴訟では
レンタカー会社に6,400万円の賠償が命じられ、
控訴取り下げでこの賠償額が確定していますがく〜(落胆した顔)
ちっちゃな会社だと年間の利益が吹き飛んじゃいます。

こういうときこその保険ですが、
上手くカバーできそうな商品はなかなか…。

隣のビルの窓から重要書類パスワード
盗み見られた場合の保険があるくらいですから、
そのうち通り魔事件にもフィットするのが
出てくるかも…ないでしょうなぁモバQ
posted by 苺市 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタカー業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102383081
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。