2006年12月22日

培養

韓国でまたまた鳥インフルエンザに感染した
鳥、今回はアヒルが大量確認されています。
なんといいますか、もう日本の目の上のたんこぶ、
もとい、喉元で、目の前で、
後から後から鳥インフルエンザが確認され続けると、
いつ日本で大量発生しても
おかしくないだろうと思います。
というか日本国内でも確認されてないだけで
実はひっそりと大量死亡してたりしませんよね?
こう世界で鳥インフルエンザが進化しつつ、
最後に日本で人に感染する!みたいな
最悪のシナリオにならないですよね?
しかも、日本でノロウイルスとの
ハイブリッド化鳥インフルエンザ発生!
とかならないですよね?
【関連する記事】
posted by 苺市 at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30029868
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。