2007年01月31日

クレジットカード業界

三菱UFJフィナンシャルグループの一員となった
クレジットカード大手のUFJニコスですが、
2007年3月期連結決算の業績予想を下方修正しました。
経常利益を130億円低く見るようでです。
このご時世を反映するように借り手の自己破産申請や
それに伴う債務整理が増加傾向にあり、
貸し倒れ引当金を積みましたことが原因となっています。
消費者金融業者のそれと全く同じ構図ですね。
グレーゾーン金利の撤廃が決定したことで
それにともなって法曹界主導で自己破産申請が
一時的に増加すると見られており、
業績予想を下方修正する企業はまだまだ増えそうですね。
【関連する記事】
posted by 苺市 at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。